主要取扱い調査

  1. 浮気調査をする探偵

    浮気調査・素行調査

    主要依頼元:
    個人・法人・弁護士事務所
    価格帯目安:
    300,000~2,000,000円
    売上率 5.0

    尾行や張り込みを中心とした行動調査になります。
    浮気調査では不貞行為(不倫)の証拠収集から、浮気相手の特定及び信用調査までを行います。
    素行調査では対象者の行動を記録&撮影し、交友関係の特定や洗い出しを行います。

    個人や法人からの調査依頼だけでなく、弁護士事務所からの調査依頼やご紹介が多い調査分野になります。

    浮気調査・素行調査について

    浮気調査や素行調査は、探偵社に最も多く依頼される調査種別になります。
    年齢層は30~40代が中心ではありますが、高齢化社会が影響してか、熟年層やご高齢の方からの調査依頼が増加しています。
    また、男女別はここ数年で50:50になっています。
    尾行・張り込み・撮影といった行動調査をしっかり行えるようになることで、一定の探偵社運営は可能となることから、研修や探偵学校では行動調査に必要な調査術を中心に講義や実習が行われます。

  2. 商業ビル群

    法人様よりの調査依頼

    主要依頼元:
    法人・弁護士事務所
    価格帯目安:
    100,000~5,000,000円
    売上率 4.0

    法人が依頼主となる調査案件。
    取引先となる企業の調査や社員や役員の素行調査など、法人経営者からの様々なニーズに対応する調査を提供します。

    直接、法人からの調査依頼だけでなく、法人の顧問弁護士などからの調査依頼や紹介も数多くあります。

    法人からの調査依頼について

    法人からの調査要請は、知名度の高さや最大手探偵社というの安心感から、ガルエージェンシーには数多く寄せられます。
    簡単な雇用調査から、社員・役員による横領や背任行為の証拠収集など刑事事件に発展する可能性のある事案まで、寄せられるニーズは多岐に渡ります。
    訴訟が一般的になってきた昨今、これから益々増加する調査分野になります。

  3. 家出人探しの聞き込みをする探偵

    行方不明者捜索・家出人探し

    主要依頼元:
    個人・法人
    価格帯目安:
    100,000~2,000,000円
    売上率 2.0

    現在、年間に警察に届出をされるだけでも行方不明者捜索届出は約10万件となっています。
    届出をされない家出を含めれば、実際の数字はその何倍にもなるでしょう。

    少年少女のプチ家出から、本格的な失踪事案まで、ガルエージェンシーには様々な行方調査の相談が寄せられています。

    行方調査について

    スマートフォンやパソコンの解析から、関係者の聞き込みなど、行方調査を行うには様々な専門知識が必要とされることがあり、膨大な過去の調査実績や組織力を活用すべき調査分野になります。

    難しい内容の相談については、行方調査のノウハウをもつ本部や先輩の営業支援や所属ブロックの応援を受けながら進めていくことをお勧めしています。

  4. 盗聴器発見調査を粉う探偵

    盗聴器・盗撮器の発見調査

    主要依頼元:
    全般
    価格帯目安:
    18,000~500,000円
    売上率 2.0

    年間に10万台ともされる盗聴器の販売台数。
    盗聴に関する法整備がなされていない日本では、盗聴や盗撮は社会問題となっています。

    それら盗聴や盗撮器の発見調査は、探偵業界が一手に担っているのが現状です。 専門知識を身につけることで、盗聴器や盗撮器の発見調査は容易に行えるようになります。

    盗聴器・盗撮器の発見調査について

    ガルエージェンシーでは盗聴盗撮といった問題を解決するのは社会的使命と捉え、業界でも最安値クラスでの調査を行っていることから、単価が安く、全体の売上からすれば、そう多くない割合にはなります。

    但し、調査時間も短く、1日に何件もの調査が行えること及び、盗聴器や盗撮器の発見調査から他の調査依頼に進展することも少なくないことを考えれば、確実に行っておくべき調査分類といえます。

  5. 調査報告書サンプル

    裁判資料の内偵

    主要依頼元:
    個人・法人・弁護士事務所
    価格帯目安:
    50,000~10,000,000円
    売上率 3.5

    調停や民事訴訟を行うには訴える側が証拠を準備しなければなりません。
    それらにに必要となる証拠や情報を収集します。

    現代社会には様々なトラブルや問題があり、いつどこで誰がどのような被害に巻き込まれる可能性があるかもそれません。
    ガルエージェンシーには様々な問題を解決する為の証拠収集や情報収集、データ分析などの依頼が寄せらえます。

    裁判資料の内偵について

    養育費の不払いや債権回収で差し押さえに必要な情報収集(勤務先や財産調査など)や、公示送達に必要となる居住状況調査など、個人や法人からだけでなく、弁護士事務所からも頻繁に裁判に必要となる材料を集めるの調査の要請があります。

    1人が1日だけで行える簡単な調査から、時間や人数・費用がかかる大掛かりな調査まで様々な調査ニーズが寄せられることから、他からの調査応援など大手探偵社ならではの臨機応変な対応が可能となります。

  6. ストーカー対策の相談を受ける探偵社職員

    ストーカー・いじめ対策

    主要依頼元:
    個人
    価格帯目安:
    200,000~3,000,000円
    売上率 2.0

    報道番組やニュースで多く取り上げられていることから、皆様が既にご存じの通り、ともすれば殺人などの凶悪犯罪にも発展しかねないストーカー被害。
    社会問題化しているいじめ問題。

    ストーカー加害者の大半は元の配偶者や交際相手からのものという統計もあり、何か被害が生じてからでないとなかなか警察も動いてくれない傾向になります。
    それは、いじめ問題になると尚更になります。

    ストーカー・いじめ対策について

    ストーカー被害やいじめ問題を解決しようとした時、最も有効なのが「動かぬ証拠」であることは、誰もが理解されているところでしょう。

    探偵社は依頼人の意向に沿って証拠収集を目的とした証拠収集を行います。

  7. 特殊調査機器

    その他の調査

    主要依頼元:
    全般
    価格帯目安:
    50,000~内容に応じる
    売上率 3.5
    • 結婚調査・婚前調査
    • 勤務先割り出し・自宅割り出し
    • 近隣トラブルに関する調査
    • 海外調査
    • 詐欺事件の証拠収集
    • 特殊撮影機器による証拠撮影
    • 保険金調査
    • 電磁波測定調査
    • 臭気測定調査
    • 騒音測定調査
    • 親権問題に関する調査
    • 各種鑑定、他
    その他の調査について

    上記にご紹介した調査の他にも、探偵社には多種多様な調査ニーズが寄せられます。
    ガルエージェンシーには芸能関係者や政治家など、著名人からの調査依頼も数多くあります。

    最初は難しいと思われる内容のものでも、支援や応援を受けながら経験を積み重ねていくことで、大半の調査要請に対応できるようになります。